世界初 元祖ハートビートの誇り

フレデリック・コンスタント最大のアイデンティティ

1994年、フレデリック・コンスタントは、世界初のオープンダイアル「ハートビート」ウォッチを発表しました。この文字盤上に小窓を開けたデザインは、時計のメカニカル部分を見せるために考案され、フレデリック・コンスタント最大の特徴となりました。

1970~1980年代のクォーツ全盛期の危機から、1990年代初頭に機械式時計へと時計市場が戻り始めた時代の流れの中で、フレデリック・コンスタントは機械式時計とクォーツ時計の違いが一目で証明できることが重要であると考えました。クォーツの秒針は毎分60回ステップを刻みますが、機械式の秒針はスムーズな動きであることを除けば、一目では機械式時計かクォーツ時計ということは見分けがつかないからです。

そこで、フレデリック・コンスタントは、ダイアルに小窓を設けることで、ムーブメントの心臓部(Heart)にあたるテンプの鼓動(Beat)をダイアル側から腕に着けている時も常に楽しむことができるようにしたのです。

この斬新で革新的な機構をフレデリック・コンスタントは「ハートビート(Heart Beat)」と名付け、世界中に一大センセーションを巻き起こしました。このハートビート機構は他社の手本とされ、現在では様々な時計ブランドが追従して採用していますが、フレデリック・コンスタントの元祖ハートビートは、より美しく、より精巧に見せるために更なる進化を遂げ続けています。

高度な技術

ハートビート機構は、単にダイアルに穴を開けたデザインということではありません。地板(中の機械)にも穴を開けているため、機械の強度やバランスにおいて、非常に精巧で高度な技術が必要とされます。ハートビート機構は、フレデリック・コンスタントの技術力の高さの証明でもあるのです。

ハートビート内部の説明

ページトップへ戻る

進化したハートビート

フレデリック・コンスタントは、テンプ(機械式ムーブメントの心臓部)をいかに美しく見せ、視認性(時間の見やすさ)を高めるかも重視して開発しています。

そして、世界で最も美しいハートビートを完成させるため、ハートビート機構をさらに特別な形へと進化させた、「ハートビートマニュファクチュール」の開発に成功しました。 ムーブメントの構造上、テンプを支えるテンプブリッチは通常文字盤の下に隠れていますが、ブリッジを文字盤上に配置し、デザインの一部として表現しているのも自社製ムーブメントの特徴です。また、汎用ムーブメントよりテンプを大きくすることで、機械動作の視認性を高めています。

また、フレデリック・コンスタントは、今までのハートビートでは成し得なかった、デイト表示を搭載し、デイトをディスク型からスケルトンにすることに成功しました。この画期的な設計はフレデリック・コンスタント独自の設計であり、フレデリック・コンスタント商品のなかでも人気ロングセラーモデルとなっています。

スケルトンデイトの説明

  • ブランド紹介
  • マニュファクチュールブランドとして
  • ハートビートの誇り

ページトップへ戻る