BASIC KNOWLEDGE 時計の基礎知識

腕時計の基礎知識

メンテナンス・腕時計のお手入れについて

第1回 毎日の基本的な取り扱い「止まっている時計の巻き上げ」

機械式時計はゼンマイの巻き上げを利用して駆動しています。手巻きはリューズの操作だけで巻き上げますが、自動巻きは「ローター」と呼ばれるパーツの回転運動でも巻上げが行われるので、リューズで少し巻き上げた後、腕に着けて自然な動きを加えます。
時計に余計な負担をかけない為にも、リューズを操作する際はゆっくりと巻き上げた方がいいでしょう。

1.リューズを巻き上げる
リューズを巻き上げる

リューズが巻ける状態であるかどうかを確認してから、リューズを上側にゆっくりと回します。
下側に回しても空回りして巻き上がりません。勢いよく回すと切換車というパーツが焼きついてしまうので、注意してください。

2.腕に着けて巻き上げる
腕に着けて巻き上げる

10回程度リューズを操作した後、腕に着け、あとは腕の自然な動きや振動などで巻き上げます。
リューズを操作せずに腕に着けると、時刻に誤差が生じてしまいますので、注意してください。

NG!

NG!

巻き上げる際に時計本体を手にたたきつけるなど、激しい衝撃を加えるのはムーブメントの故障につながりますので、絶対にしないでください。

BACK NUMBER

ページトップへ戻る